フットサルニュースドットネット HOME > フットサルコラムバックナンバーTOP > フットサルコラム7月 > フットサルコラム

フットサルコラムバックナンバー

Fリーグ開幕!浦安対大阪を観戦レポート!

thumbthumb

フットサルのFリーグが開幕しました。 7/13(日)に第1節の バルドラール浦安 対 シュライカー大阪 の試合が東京・国立代々木競技場第一体育館で行われ、観戦してきました。

【Fリーグ・第1節】
2008年7月13日(日) @東京・国立代々木競技場第一体育館 13:00キックオフ [観客数:4,329人]


thumb
バルドラール浦安 5-1(前半4-1) シュライカー大阪

[得点経過]
1-0  1分 #8 藤井 健太(浦安)
2-0  2分 #20 稲田 祐介(浦安)
2-1 10分 #9 奥田 亘(大阪)
3-1 13分 #5 小宮山 友祐(浦安)
4-1 16分 #5 小宮山 友祐(浦安)
5-1 31分 #2 大森 茂晴(浦安)

■試合経過
試合はお互いに攻撃に出て前がかりな展開。 そんな中、浦安GK川原永光がロングボールを出し、それを右サイドのゴール近くで藤井健太が胸トラップしそのまま左足ボレーでゴールに叩き込み、早々と先制した。 浦安はさらにその直後、稲田 祐介が追加点し2-0とリード。
大阪は奥田 亘のゴールで一時、1点差に詰め寄るが、
浦安の小宮山 友祐に2点を取られ4-1とされる。
後半大阪は得意の「パワープレイ」に出るが、逆にそのスキを浦安・大森 茂晴にゴールされ、5-1で浦安が勝利した。
thumb

■浦安の感想
浦安はさすが、といえる戦いぶりだった。
特に個人技が素晴らしく、藤井のボレーから始まり、小野、小宮山、稲田など“日本代表組”がそれぞれの実力を見せた。
GK川原も得意のロングボールを出し、多くのチャンスを繰り出した。
ロングボール1本でチャンスが作れる、というのは強みだ。
逆に、あえて苦言を呈すると、パスをつないで崩す、という事が少なかった。この試合はそういう戦い方をしなかったかもしれないが、こう着状態になった時にどのように戦うか、今後の試合に注目したい。

thumb












■大阪の感想
先日行われたカップ戦・オーシャンアリーナカップを優勝した大阪は、「パワープレイ」で昨シーズン終盤から驚異的な粘りを見せ、「パワープレイ」は大阪の特徴となってはいたものの、できればパワープレイを使わずに優位に試合を進めたい。
その心理からか、大阪は序盤、前がかりになりディフェンスに隙ができた。
その隙を浦安はロングボールでつき、個人の攻撃力で得点を積み重ねた。
2点を失ってから大阪は戦い方を変え、また試合に慣れてきて守備が固まり、スピードのあるカウンター攻撃を繰り出す。
そして瀬戸彬仁の放ったシュートぎみのパスを奥田亘が滑り込んで押し込み1点を返した。
これにより「大阪のペースになるか」と思われたが、浦安のロングパスにを止める事ができず、浦安の攻撃力により失点してしまった。
また、大阪はカウンターで何度もチャンスを作りシュートを放ったものの、決定力が無く得点ができなかった。
大阪は、今シーズンから、そのシュート力から奥田亘が、パワープレイの際のゴレイロ約に抜擢された。
これにより、パスコースの無い時に「ロングシュート」という選択肢ができた。
しかしこの日は守備を固めた浦安からゴールを奪う事ができなかった。
内容的には、得点差ほどの一方的な試合ではなかった。大阪がきっちりと守備をし、スピードのあるカウンターで抜け出した村上哲哉や吉成圭、そして奥田亘、が再三惜しいチャンスを作り出した。
「試合開始からディフェンスをきちんと守りカウンターに徹していたら・・」と思うと惜しい試合であった。
個人的にはこの試合のMVPは奥田亘だった。そのシュート力、パス、そしてゴールも決めて見せた。
幅の広いプレーで能力の高い選手だ。今後の活躍を期待したい。

参考資料:Fリーグ公式サイト / オーマイニュース掲載記事

ページTOPへ

inserted by FC2 system