フットサルニュースドットネット HOME > フットサルコラムバックナンバーTOP > フットサルコラム7月 > フットサルコラム

フットサルコラムバックナンバー

Fリーグ開幕!神戸対町田の観戦レポート!

thumbthumb

フットサルのFリーグが開幕しました。 7/13(日)に第1節の デウソン神戸 対 ペスカドーラ町田の試合が東京・国立代々木競技場第一体育館で行われ、観戦してきました。

【Fリーグ・第1節】
2008年7月13日(日) @東京・国立代々木競技場第一体育館
 15:30キックオフ [観客数:4,730人]


thumb
デウソン神戸 3-2(前半1-2) ペスカドーラ町田

[得点経過]
0-1  6分 #16 篠崎 隆樹(町田)
1-1  9分 #15 伊藤 雅範(神戸)
1-2 14分 #9 横江 怜(町田)
2-2 30分 #11 ハタケヤマ ブルノ タカシ(神戸)
3-2 38分 #11 ハタケヤマ ブルノ タカシ(神戸)第2PK

■試合経過
先制は町田。篠崎隆樹がボールを浮かせてからの見事なシュートを決めた。
しかし神戸も伊藤雅範がシュートを決め1-1の同点に追いつく。
そして今度は町田の横江怜がゴールを決め2-1とふたたびリードし、前半を終える。
前半の終盤から暫くの間こう着状態が続いたが、
ハタケヤマ ブルノ タカシがこぼれ球を決めて同点に追いつくと、
終了間際に得た第2PKをブルノが決め、神戸が逆転勝利を収めた。
thumb

■神戸の感想
神戸は昨シーズン同様、個人技で打開する、興味深いチームだった。
それが魅力、長所であり、短所でもあった。
この日も、日本代表の原田浩平の「またぎ」やドリブル、ブルノのドリブル突破などで会場を沸かせていた。
さらに守備でも、山元優典などがきっちりとした対応をし、攻撃力のある町田からの失点を押さえていた。
欠点として、「守備的な相手をどうするか」というものがあり、この日もこう着状態が続いたが、
神戸は「個人技でのドリブル突破」を貫き、ブルノが得点して見せ、
チームとしてファウルを溜めて第2PKを得て、試合にも勝利してみせた。
このスタイルでも上位争いができるという印象を受けた。
この試合のMVPは文句なしにハタケヤマ ブルノ タカシだ。
膠着状態が続き、悪く言えば「眠くなる」ような試合を個人技で一気に打開し流れを変え、チームを逆転に導いた。

thumb

■町田の感想
町田は横江の他に、2人の“中距離砲”を得た。
一人はジオゴ。その高いテクニックからミドルシュートはもちろん、パスやディフェンス面でも活躍を見せた。
また、見事なオーバーヘッドシュートをするなど、観客に“魅せる”という面でもチームに貢献した。
新加入ながらチームの中心となっていた。
そしてもう一人はチームに合流したばかりのホブソンだ。
得点にこそならなかったものの、強烈なミドルシュートを何本も放った。これが決まるようになると、町田は物凄く恐ろしいチームになる。
町田の残念だったところは、日本代表・金山のスピードを生かしきれず、神戸を崩す事ができなかった事。
もっとパスを細かく繋げて、スピードある攻撃を期待していたのだが、それができなかった。
ただ、課題であったディフェンスが安定していたので、この試合はディフェンスが第一の課題だったかもしれない。
その意味ではこの試合はよくできたとも言える。
町田の攻撃の爆発は今後の試合に期待するとしよう。

参考資料:Fリーグ公式サイト / オーマイニュース掲載記事

ページTOPへ

inserted by FC2 system