フットサルニュースドットネット HOME > フットサルコラムバックナンバーTOP > フットサルコラムバックナンバー7月 > フットサルコラム

フットサルコラムバックナンバー

2008Fリーグの優勝予想![コラム]

thumbいよいよ、Fリーグが開幕です!!
そこで今回は、フットサルニュースドットネット的に独自の優勝予想をしてみたいと思います。

1位 【ペスカドーラ町田】

 私の2008年Fリーグ優勝予想は、「名古屋オーシャンズ」と「バルドラール浦安」の“2強”と言われる中、中穴(?)を狙って町田としました。 もちろん総合力、実績では“2強”が上ですが、町田は今シーズン1番と言える補強をしました。ジオゴ、大地、篠崎らが加わり、層が厚くなりました。 これと、バイアーノ監督がフィジカルを強化させ、昨シーズンからの上積みも加えて「弱点」である守備の脆さをカバーできるのではと思います。 もともと攻撃力がありましたが、さらにチーム全体にバランスが取れるようになると思います。個人的には日本代表の金山のスピード、篠崎のテクニック、そして昨シーズン得点王の横江のミドルシュートによる攻撃、そしてこのチームをジオゴがどのようにコントロールするのかに注目。 昨シーズン観戦した感想では、データだけでなく、内容的にも守備のもろさが明らかでした。まずはフィジカル面から始まり、組織的にどのような守備をするのか、というところも観ていきたいと思います。

ペスカドーラ町田
ペスカドーラ町田
2位 【名古屋オーシャンズ】

 昨シーズンの優勝チームで、唯一の“プロチーム”です。優勝候補の大本命で、ボラ、森岡、マルキーニョスという外国人トリオの実力、フィジカルは驚異的です。 個人的には昨シーズン、森岡のプレーを観戦して衝撃を受けました。とにかくフィジカルが強い。攻撃力のある選手で、MVPに選ばれるのは当然の活躍を魅せました。 今シーズンもさらにレベルアップしたプレーを期待しています。 チームとしては、ほとんどの試合で圧倒的な強さをみせつけていた名古屋ですが、非常にもろい一面も見せていました。 昨シーズン再開の花巻に敗れたり、優勝決定後の大阪に敗れたりしました。このあたり、メンタル面での不安を感じずにはいられませんでした。やはり、「王者」としての立場上、「追われるもの」という意識があり、そういった時にどうなのかと思います。試合の中でも、流れが相手チームにある時に打開できない、という試合を何度か観てきました。 とは言え、戦力的にも豊富で、新監督で、実績には申し分の無いアジウ監督の手腕、新しいスタジアム、そしてプロ契約・・・と、環境は間違いなく最高のものです。 今シーズンも名古屋の最大のライバルは「自分」だと思います。

名古屋オーシャンズ
名古屋オーシャンズ
3位 【バルドラール浦安】

 日本代表の小野が加入し、完全に“日本代表チーム”のバルドラール浦安を3位に予想します。
戦力は最高のレベルですが、不安材料として9月に行われる「ワールドカップによる疲労」が挙げられます。
チームの主要メンバーほとんどが日本代表ですから、影響は少なからずあると思います。そこをどう乗り越えるか、に注目したいと思います。また藤井、市原などのベテラン選手を個人的に応援したいと思います。

thumb
thumb
4位 【シュライカー大阪 】

 昨シーズン終盤から調子を上げ、全日本選手権3位、そして先日行われた「オーシャンアリーナカップ」で優勝と、勢いでは一番のチームです。 さらに昨シーズン終盤とオーシャンアリーナカップで名古屋に勝利しており、「名古屋への苦手意識」が無く、おそらく「どこのチームにも勝てる」という自信を持って開幕に望むと思われます。 試合ぶりも面白く、盛り上がる試合を見せてくれました。
開幕のスタートダッシュに成功し、終盤まで勢いを維持できれば、優勝争いに加わる事もあると思います。今シーズンも「上位イジメ」をしてほしいものです。
選手としては日本代表の岸本の得点力に注目。

thumb
thumb
5位 【デウソン神戸】

 昨シーズン、快進撃を見せ3位になり周囲を驚かせた神戸。個人的に注目しているチームのひとつですが、まだ観戦した事が無いのでなんとも言えません。
補強が少なかったのが懸念材料ですが、日本代表の比嘉リカルドを補強をしました。
“選手兼コーチ”という比嘉リカルドの補強について「とにかくフットサルを良く知っているし、上手い。」「選手の勉強になる」と、神戸の上永吉ジェネラルマネージャー が絶賛していたのを観客席で耳にしました。
5位と予想してしまいましたが、神戸が優勝争いをしてくれると、Fリーグが盛り上がると思います。

thumb
thumb
6位 【ステラミーゴいわて花巻】

 大変申し訳ないのですが、昨シーズンは圧倒的な「弱さ」を見せ付けてくれました。
しかし、名古屋に勝利したり、なんとか食い下がろうとプレーする姿には魅力も感じました。今シーズンは「Fリーグのチームより強い」と言われた「シャークス」からパコ監督と選手が加入。
皮肉とも言えますが、「素直なテコ入れ」とも言え、どのようにチームが変わるかに注目したいです。期待も込めて6位の予想。

thumb
thumb
7位 【バサジィ大分】

 昨シーズン見た限りでは、あまり魅力や強さを感じませんでした。
しかし、今シーズンの補強で「地域リーグのエース」と言われた神が加入。
神を中心にどのようなチームになるか注目。とはいえ若手中心で、まだまだこれからのチームなので、7位と予想します。

thumb
thumb
8位 【湘南ベルマーレ】

 昨シーズン終了後。中心選手のほとんどの選手が移籍し、監督も交代。完全に別のチームとなりました。
他のチームを解雇された選手の奮起と、前川監督の手腕に注目したいところですが、出来たばかりのチームに結果を期待するのは酷な事です。
今シーズンは結果にこだわらず、若手の育成とチームの成長を考えて試合するべきだと思います。

thumb
thumb

オーマイニュース掲載記事

ページTOPへ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system